E=mc2

日常生活で学んだ個人的な備忘録です

MENU

別の意味の英単語 theater

今日は、習い事の英会話に行ってたんですが

意味を理解できなかった単語がありました。

theaterです。

 

この単語の私のイメージは、「movie theater」で

意味は映画館なんですが

他の意味があるなんて知りませんでした。

 

リスニングの問題で英文を聞いていたんですが

言葉自体はほとんど聞き取りできまして

シチュエーションをイメージしたんですが

なんか不思議なんですよね。

 

数少ない経験を伝える会話表現で

「one of the only times」という表現の

勉強だったんですが

下の文章のBが話すtheaterの意味が

さっぱり分かりませんでした。

 

A:Do you remember your first operation? How did it go?

B:Well, I walked into theater with my mask undone,  and the surgeon screamed at me to get out. 

 

映画館(theater)で、外科医(surgen)に怒られる(screamed)ってどんな状態?

って思ってたら、

theaterの意味に劇場という意味以外に、

「(病院の)手術室」という意味があるそうです。

 

私の英会話のレベルも徐々に上がってきまして

難しくなってきているのは知ってるんですが

毎レッスンごとに、全然知らない単語か、

知らない別の意味の単語が

1つ以上出てくるんですよね。難しいです。 

 

それでも英語でどんな会話をしているかは

ある程度理解できるようになってきました。

たとえば政治の話してるなぁとか、

過去の経験の話だなぁとかそういう感じです。

 

英単語1つに複数の意味があるのは、

日本語の漢字に複数の意味があるのと

似てる感じがします。

 

特別な単語を使ってるシチュエーションと

文章で覚えていくしかないなと思っている

今日この頃です。

インプットして、使ってみてアウトプットしないと

覚えないですよね。

 

最近、英会話の先生に注意を受けたのが

都市の名前の前にはtheを付けないって

アドバイスいただきました。

確かに、the Tokyoとは言わないですよね。

ニューヨークは、New Yorkですよね。

ロンドンはLondonですからね。

日本もJapanですからね。

 

とか思いながら、毎週英会話の勉強をしております。

気が向いたら、また英語のことも書きますね。

 

そうそう、今朝は雪が30㎝ほど積もってました。

ここまでくると雪かきしないと外出できないんですよね。

今日は晴れ間も出てたので、1日も早く雪が解けることをお祈りしてます。